無意味なる意味ロンリィ

ただちょっとかまってほしいだけなのです、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

昨日の限界サイクリングを振り返る

昨日はどうなるとかと思うほど消耗し切りましたが、
朝起きてみると意外にも身体の疲労は8割がた取れていました。
リアルタイムで感じていた疲労は過去最高のものだったのですが、それ程引きずらずに済んだのは
不幸中の幸い?ってやつなんでしょうか、、、?

距離は88.3kmとそれ程の長距離ではない。
平均時速は走行時のみのもので20.4km/hで、恐らく過去最低、、、。
休憩回数は5回で、コンビニ4回に、喫茶店で1回。
とスポーツというか優雅なサイクリングにしか見えないのだが、、、
これが結果的には良かったと思っている。

というのも、格好付けて走り続けていたらやはり熱中症のような状態になった可能性は高いからだ。
コンビニでスポーツドリンクと麦茶を交互に飲んで、パワーが出なくなったときには栄養ドリンクも飲んだ。
身体が消耗して食欲も無くなってしまい、食事といっても惣菜パンを一個やっと食べたに過ぎなかったので、これではカロリーが足りないと思い、ゼリータイプの補助食を摂った。

35℃を超えるような過酷な環境でのサイクリングははっきり言ってかなりリスクがあるので、かっこ悪くても自分の体のことを最優先で守らなければならないので、そのための手段を尽くすべきなのである。

あと、疲労の蓄積はあまり気がつかないような些細なことの連続が大きな要因になりうるということだ。
今回であれば、サングラス。
自分の顔にサイズが合ったオークリーのようなスポーツサングラスであれば走りながらずり落ちてくるようなことは少ないが、今回使用したメガネ形状のサングラスはやはりフィット感がいまいちなので常に落ちてくるメガネを上げる作業を繰り返していたのであるが、これが知らず知らずのうちにかなり疲れを増やしていた気がしてならない。
また、しょっていたバックパック。
これも今までは肩と腰のストラップがしっかり出来ていたものを使用していたのだが、今回はそれ程距離を乗る気が無かったので、軽さ重視で作りがシンプルなものを使用したため、サングラス同様常にずり下がってくるのを直す作業を繰り返していたのである。

当たり前のことだが、決して高いものを使う必要は無いが、状況に応じたアイテムを適切に使うことは歳を重ねつつあるサイクリストには重要なことかと思ってしまった。

若い時はどんな自転車でもどんな荷物をしょっていても走れていた気がするんだけどな~~~~(涙)

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/08/18(日) 23:27:59|
  2. 自転車あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<まだ続く?厄災ループ | ホーム | 久しぶりの自転車で厄災無限ループ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kagerohu2.blog45.fc2.com/tb.php/754-12e71db6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。