無意味なる意味ロンリィ

ただちょっとかまってほしいだけなのです、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パンクさん、あなたとはお別れです(笑)

どうして昨日は身軽な格好でロング・ツーリングに行けたのか!?
というのは・・・
SN380857a.jpg
↑これを入手したからです。
Stan's Tire Sealantというヤツです(こちら
こいつをバルブコアを抜き、注入してやるとパンクしないと言う代物です。

そういう字面だけだと、
はいはい
そういう製品は昔からあったけど大したこたぁないんだな~
って思う方は多いと思うが、これはマジでパンクしない!

実際にお店にデモ用のチューブラータイヤが置いてあって、画鋲が刺されているのだが
パンクしていないのだ。
それどころか、そこで実際に画鋲を刺させてもらったのだが、一瞬空気が抜ける音がしたかと思うと
すぐにその音が止まり、何事も無かったようになるのである。

原理はこういうこと。
このシーラントを注入するとタイヤのチューブ内にこの液が常に液状で存在していて
走行中もタイヤの中で遠心力である程度均等に存在している、そして
穴が開くと空気とともに液がその穴に行き、高圧で噴射されるときに同時に固着する
と言った感じか?(適当ですみません)
だから、穴を開けてもタイヤが止まったままだと空気は抜けていってしまう。
画鋲で穴を開けてタイヤを回転してやるとパンクしないわけだ。
デモ用のビットリアのタイヤには無数の画鋲が刺してあるのだが、当然パンクしていないし、
抜いてもパンクしないのだ。

正直、信用し切ることが難しいくらいのものだが、実際に目の前でこの光景を見ると
信じざるを得ない。

こいつの弱点?は実際に役に立つ状況を望みたくないことと、
実際に普通ならパンクするものを踏んだとしても走行中に一瞬にして穴が塞がってしまうために
その効果を体感できないことか。
まあ、液量が足りなかったり、シーラントを入れて時間が経ちすぎれば効果がなくなるであろうが、
(2~7ヶ月もつと書いてある)精神衛生上、非常に良い商品である。

本来はMTBのチューブレスタイヤ用とのことだが、ロードのチューブラータイヤでも効果覿面である。
普通のクリンチャーで使うときはインナーチューブに入れることになるのだが、
自転車屋さんが言うには効果は半減以下になるらしい。
あと注意事項としては、バルブコアが抜けないタイプのタイヤには使えないこと。

チューブラー愛用者でパンクさんが嫌いな人はこれを使ってお別れしてみては如何だろうか?(笑)

これ一本が630円で、タイヤ二本分では1260円となるが、
これでパンクの心配とある程度おさらば出来るのは安いと考えるか、
高いと考えるかは個人の判断次第だけど・・・。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/06/29(日) 14:50:13|
  2. 自転車あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<08年6月23~29日の漕いだ と 6月総括 | ホーム | 亀仙人の亀の甲羅の修行だったみたい・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kagerohu2.blog45.fc2.com/tb.php/502-18a1bf3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。