無意味なる意味ロンリィ

ただちょっとかまってほしいだけなのです、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

壮絶なバトル・・・にはならなかった・・・。

走っていると後ろから迫ってくる自転車が・・・

あっさりと抜かれる。

かなり速いペース。

が、自分も少しは付いて行こうと決める。

でも、メーターを見ると既に38km/h

これくらいの速度域ならちょっとなら何とかなるかな・・・?

と思ったのが間違いだった。

少し白髪の混じるその男性のふくらはぎはまるで絵に描いたような筋骨隆々っぷり。

スピードはグングン上がっていき、あっさりと45km/hを超えた。

自分としてはもう限界。

彼はどんどん離れていく。

終わった・・・

あんなスピードで巡行できる人なんて本当にいるんだな~

なんて思っていたのに、またしばらく走っているとだんだん追いついてきた。

豆粒ほどになったはずの彼の後姿がだんだん大きくなってくるではないか!?

というわけで、もう一丁頑張ってみることにした。

もう、この判断自体が完全な間違いだったのだが。

やっとこ追いつくとちょうど信号で止まる。

彼がちらっとこっちを見た。

自転車は某自転車屋のオリジナルブランドのオールカーボンフレーム。

ホイールはシマノのアルテグラ?コンポはデュラのようだった。

青になると彼は立ち漕ぎで猛ダッシュ。

自分も同じように立ち漕ぎしてみるが、明らかに加速が違う。

へなへなフレームのズノーではこんなものか・・・。

彼のスピードはみるみる上がっていってまたまた45km/hを超える。

無理してついて行こうとするものの

前を行く彼はまだまだ加速している・・・

なんてこった~

これくらいの速度域になるとそこそこのスピードで走っている車を抜き始めるスピードだ。

彼はまたこっちをチラッと見た。

自分が付かず離れずの位置にいるのを見て更にスパートをかけるつもりらしい。

このときのメーターは53km/h

こうなると界王拳三倍?って感じで自分の体の状態なんて知ったこっちゃない

死に物狂いで追い掛けるつもりだったのだが・・・

突然、自分の心臓がとっくに限界を超えていることに気づいた。

怖くなったのでペダリングを止めた。

彼は恐らく?50km/hオーバーのスピードで走り続けているらしく

あっと言う間に再び豆粒大になって視界の彼方に消えていった・・・。

書くと長いがこの間はわずか5分足らずのことだったのだろう。

自分の体力では40km/hで走り続けられるものではないし、50km/h超えたのも一瞬のこと。

自分は歩道に一旦自転車を止めて、休憩を取ることに。

が、踊る心臓を抑えきれず、吐き気が。

こんなことは初めてだった。

10分ほど身動きできず、やっと回復した。

まさに異次元の速さというのものを目の当たりにしたといった面持ちだ。

何と言うか

清清しいまでの完敗であった・・・。

そして今まで自転車に乗ってきた経験の中で、一番速い人だったと思う。

やはりレースなどに出るとあのような方がたくさんいらっしゃるんだろうか。

あそこまでは無理としても、やはりもう少し速く走るようになりたい。

少なくとも荷物無しで今度は挑戦したいものだ・・・。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/06/04(水) 22:00:00|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<そういえばしていなかった HED3 のインプレ | ホーム | 流行に乗って・・・しまった!?>>

コメント

元競輪選手または現役トレーナーかなんかなのでしょうね!

トラックを仲間内で走って、1㎞を測定(一応本気走り)したことがあるんですが、ゴール後に吐き気に襲われた経験があります。

要は酸素不足(無酸素運動)からくる症状なのでしょうが・・・体にいいもんじゃありませんね!

ロードと競輪は別物と素人なりに感じました。
  1. 2008/06/05(木) 08:47:01 |
  2. URL |
  3. TAKE #-
  4. [ 編集]

そうだったんでしょうか?

あの筋肉はさすがに素人レベルではないように見えましたが、
素人でもすごい人はすごいですからね~。

いわゆるスプリンターの方だったのでしょうか。
本気を出せばあのような方は70km/hくらい出せるらしいですね。

吐き気はやはり経験されたことがありましたか。
私は懲りたので、もう無理はしません・・・。
  1. 2008/06/05(木) 22:06:08 |
  2. URL |
  3. haLcyon #-
  4. [ 編集]

前の職場での通勤ヒルクライムで数回同じような感じになったことがあります。やはり地面に突っ伏して10分ぐらい休憩したら回復しました。
通勤ヒルクライムでも時速20km超で高ケイデンスでかっ飛ばしている人に出くわして見事に負けたことがありますが、ノートパソコンもろもろ背負っていたのですぐについて行くのを諦めてしまったのが残念でした。
平地で時速50km以上だと自分もついて行ける領域では全然ないですが、都市部だと信号とかで追いついたりしないですかね?23区内だと、35km以上で巡航していればおいて行かれると言うことはまず無いのですが。
  1. 2008/06/07(土) 06:02:23 |
  2. URL |
  3. n-yo #-
  4. [ 編集]

皆さん結構ストイックな走り方をなさるんですね~(笑)
あの吐き気はもう二度と体験したくないです。

都内ならスピード領域が違っても信号で追いつくでしょうね。
横浜と言っても海沿いは信号も少なくスピードも上がりやすいんですよ~(涙)

自分もなかなか純粋なツーリングが出来ないので、荷物無しで
がっつり走る機会をもう少し持ちたいものです・・・。
  1. 2008/06/07(土) 08:24:44 |
  2. URL |
  3. haLcyon #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kagerohu2.blog45.fc2.com/tb.php/486-6db21db9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。