無意味なる意味ロンリィ

ただちょっとかまってほしいだけなのです、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

はぁ SPIN ですかぁ 3

世界最軽量の3195gSPINで使っているホイールはと言うと。
LEW PRO VT-1のカスタム版?
img-0122.jpg
↑フロントホイールが298.8g
img-0092.jpg
↑リアが405.6g

もはや尋常じゃない軽さ。
ペアで704.4g!
カーボンリムでも300gを切る軽さのものは現在でも最軽量級であるはずなのに、
こいつのフロントなんてスポーク、ハブを合わせて300gを切っている。
リアだって例えばオープンプロなどの軽量クリンチャーリムが420gくらいであるからその異常な軽さが分かるというものだ。
このホイールで走るなら、足を止めることはすぐに失速することに繋がるはずだ。
ヒルクライム以外では使いたくないな~。
本当に剛性は出ているのかな!?
100mだけでいいから走ってみたいかも。

カーボン素材が普及していなかったときにはこんなホイールは夢にも考えられなかったんだろうな~。
というか今でも頭抜けて軽いけど。
一般人にとっては1400gでも軽いホイールって認識だもん。
それの半分なんだから恐れ入るしかないわけだ・・・。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/03(木) 21:25:27|
  2. 軽量(計量?)ぱらだいす
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<明日は走りたいけど | ホーム | はぁ SPIN ですかぁ 2>>

コメント

SPIN世界最軽量ですか・・・

体重制限の他に色々と制限がかかってそうな感じがありありですね!w

ボトルさえつけてないってことは台座の加工するこがこのフレームは不可能ってことでしょう。

走ってる画像は、動画でどれくらいスピード(または負荷)をかけて走ってるのかみないと判断つきませんし、普通に乗って1万キロなら威張れることですが・・・きっと普通には乗れていないでしょうw

とはいえ、3㎏ちょいのものを、大人が漕げるってことは素晴らしい技術ですよね!

日本人は軽量マニア多いと聞きます。いつか、軽量自転車特集の雑誌が出そうな感じします。(いや出してほしいです!)

6㎏に憧れているおいらは・・・マニアに入らないだろうな~!w
  1. 2008/04/04(金) 15:17:01 |
  2. URL |
  3. TAKE #-
  4. [ 編集]

記事を読んだ限りでは、この所有者の体重を考慮して組まれたとのことなので制限は65kg以下ってとこなのでしょう。

乗り方もパワーライダーのような人間が乗るのには向かない(当然か)とありました。
おそらく乗り味自体もかなりクイックなものなので楽しくは乗れないでしょうけど、確かに12500km走れれば立派なものですね。

日本人の軽量マニアはこのバイクを組んだドイツ人(業界では相当有名人らしい)に比べるとまだまだって感じがします。
あくまで実用的な視点で捉えているから健全といえば健全なんでしょうけど、究極を目指している人は少ない気もします。

というか環境が違うので仕方ないでしょうけど。
この3195gのSPINもメーカーの協力があってのものでしょうし。
だって日本にはこういうバイクを組むために必要なパーツを作ってるメーカーすらありませんからね。

そういう意味では日本で軽量マニアの特集記事が載ったとしてもたかが知れていて面白いものにはならないと思います。
市販パーツで軽量バイクを組むならそのパーツの予想はほぼ立ってしまいますから。
5kgくらいまではお金さえあれば簡単でしょうけど、4kg台の自転車を作るとなるとその先は職人技が必要な気がします。

日本ではSサイクルの人たちが意識が高いようです。
ヒルクライム用に4kg台の自転車を作っていました。
(フロントはシングルだったり、ハンドルはドロップ部分が無かったりしましたけど(笑))
  1. 2008/04/05(土) 00:17:58 |
  2. URL |
  3. haLcyon #-
  4. [ 編集]

定番軽量パーツ

日本の雑誌で良く見かける典型的な軽量パーツを考えてみました(定番がないのは外してあります)。個人的には他に選択肢があれば、なるべく避けたいと思っています・・・

・フレーム: SCOTT ADDICT / LITESPEED GHISALLO
・フォーク: EASTON EC90 SLX
・チェーン: KMC X10-SL GOLD (SILVER じゃないのがポイント)
・クランク: STRONGLIGHT PULSION
・ハンドル: ZIPP SL
・ステム: DEDA ZERO 100 SERVIZIO CORSE
・ホイール: ZIPP 202
・ブレーキ: ZERO GRAVITY
・FD/RD: TISO

シルベストかどうか知らないのですが、日本で実際に組まれたバイクだと↓のようなのがありますね。シルベストのブログでは、「軽量おぢちゃん」の記事はなかなか良いと思います。
http://misanet.mo-blog.jp/masaki/2006/10/post_6423.html
どこかのブログで、LITESPEEDのGHISALLOにFLY SPORTSのPROPELLERクランクを組み合わせて3kg台のバイクを作ろうとしている人を見かけました。
他に記憶にあるものだと1年ぐらい前にファンライドでY'sの人が3.8kgぐらいの軽量ロードのパーツを紹介してました(組んではないようですが)。
世界的にはやはりハンドメイドカーボンパーツメーカーの多いドイツの人が3kg台の軽量バイクを多く組んでますね。自作でカーボンパーツを作ってる人も結構いるようですし。
  1. 2008/04/07(月) 22:37:57 |
  2. URL |
  3. n-yo #bhhZubZs
  4. [ 編集]

すんばらしく定番って感じですね。
定番はお高いのでどれもこれも自分には手が出ませんが・・・。

>KMC X10-SL GOLD (SILVER じゃないのがポイント)
これは目の付け所が鋭くて思わずにんまりしてしまいました~(笑)

ただこういう予想が立ってしまう現在の日本の自転車文化は寂しいです。
そういう意味ではネットの方がはるかに情報は豊かですね。

はるか昔に紹介した裏技的な自転車ですが↓
http://kagerohu2.blog45.fc2.com/blog-entry-91.html
なんかも面白いですね。
フルスペックのロードではなくて裏技が可能なら2kg台も簡単に行くんでしょうね。
自分は出来る限り安く5kg台のロードにしたいですけど、情熱も冷め気味でいつになることやら
って感じです。
  1. 2008/04/08(火) 18:46:50 |
  2. URL |
  3. haLcyon #-
  4. [ 編集]

おお

これはかなり気合いが入った軽量バイクですね。知りませんでした。ホイールはリムとフロントハブから推察するにBTPの前後920gのホイールのように見えますし、クランクがSTORCK、ステムがITMのthe stem、シートクランプもカーボンだったりして、数年前の軽量パーツを結集した感じで良い感じです。リアハンガーがお茶目な感じだったりして。

ご存じかも知れませんが、自作カーボンパーツでかためたショーバイク?なら、2,999gというのもありますね(実測は3.02kgのようですが)。
http://weightweenies.starbike.com/forum/viewtopic.php?t=37412

自分のバイクは、軽量化するにつれ、メジャーなメーカーの製品が減って、日本で取り扱いがないヘンテコ(マイナー)なメーカーのパーツが増えて行ってる気がします。
  1. 2008/04/09(水) 01:21:52 |
  2. URL |
  3. n-yo #bhhZubZs
  4. [ 編集]

確か所有者の方はこれで通勤しているとか書かれていた気がします。
この方のHPはもう分からないんですけど。
偶然見つけたんですよね・・・。

n-yoさんの自転車もいつか実際に見てみたいです(笑)
  1. 2008/04/10(木) 18:46:10 |
  2. URL |
  3. haLcyon #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kagerohu2.blog45.fc2.com/tb.php/421-20bb479a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。