無意味なる意味ロンリィ

ただちょっとかまってほしいだけなのです、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

体感速度なんて嘘っぱちだ~!だ~!

しばらくマウンテン+スリックで乗っていたわけだが
この仕様においてはおそらく30km/h出せば、そこそこにスピード感と達成感があって満足していたわけである。



ジャイアントに乗ると30km/hでは軽く漕いでいる時の速度だ。
よく雑誌のインプレなどにも書かれていることだが、まさに

自転車がもっと漕げ漕げと言ってくるようだ

という感覚である。

これは一体どういうことなのか?
これこそ実験データなど取りにくいことだろうから
まったくの自論を展開させていただくが・・・

要はバランスだということ

マウンテンバイクの重量とホイールベース、ポジションだと30km/hくらいで自転車+乗り手のシステム全体が動的に安定して気持ちよく乗れるわけだ。
だからこそ速度の絶対値に関わらず満足してしまう。

それが

ロードだとその安定領域がはるか高速側にシフトしている。
それこそプロが使用している機材を使われている方も多いだろうから納得していただけると思うが、
プロがレースで平地を疾走している速度である40~45km/hくらいが安定し始めるところではなかろうか。
30km/hくらいで気持ちよく走れるロードは逆にエントリーモデルの設計思想なのである。
だから俺の自転車は直進安定性いいぜ!
とか言っているあなた。
それってただ単にそれほど運動性能は高くないぜってことかも(爆)

だって悲しいことにママチャリの直進安定性の高さは半端じゃないですからね。
よく高校生が手放しで携帯いじっていたりするのはそういうことだ。

ここら辺の議論は以前のホイールの記事とも共通することだが、直進安定性だけなら重いホイールの方が有利といえよう。
軽いホイールを使うと実際にフラフラするのだ。
自分のスキル不足も否めないが30km/h位ではフラフラ感が拭えない。
40km/h位からだんだん安心感が増してきてむしろ50km/h位で

ロードってすげ~

となるわけだ。

体感速度のいい加減さを最も感じるのはバトンを使って走るとき。
バトンは重いので初期加速は最悪である。
ノロノロ走り出してトップスピードに乗るのにやたら時間がかかる。
そして足が売り切れてもちっともスピードが出ていない気がするのだ。
ノーマルホイールの35km/h位の体感速度だとしよう。
が、メーターは45km/hを差していたりする。

バトンはスポークが三本しかないので風切音もぶんっぶんっといった感じで速そうな音がしない。
そして視覚的にもスポークがゆっくり回っているように見えるものだから速い印象を乗り手に与えないのだ。

気持ちよく走ることと本当に速く走ることは全くの別物である。

そこを自覚しないとスパイラルに飲み込まれてしまう恐れがあるのが自転車の世界。

私のような素人は気持ちよく走ることを追求したいものだが、うっかり軽量バイクに興味を持ったせいでちっとも気持ちよく走れない日々が続いているのであった(笑)

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/04/22(日) 17:46:21|
  2. 自転車あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いろいろ書きたいのだが・・・ | ホーム | FRM CL2 Ti を使ってみて Ⅰ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kagerohu2.blog45.fc2.com/tb.php/275-91ead876
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。