無意味なる意味ロンリィ

ただちょっとかまってほしいだけなのです、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

珈琲は、、、

ちょっと冷めた時に美味しい珈琲

が、

本当に美味しい珈琲

なんでしょうね、、、。

これって、、、。
スポンサーサイト
  1. 2013/08/26(月) 09:50:04|
  2. 携帯から
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うそ?まだ続くの?厄災ループ

悪い流れが止まりません、、、涙

自転車ではないのですが、今度は車で走っていたら
後ろの車が何だか急接近してきて煽るように蛇行運転しているではありませんか、、、
まあ、よく見る古い国産高級車?を改造して車高下げているような車だったので、
仕方ないか、、、と諦めて、そのまま走っていました。

信号で止まってしばらくしたら何とその車に乗っていたおじさまが降りてきて、
こう仰いました。
カッコ内は私の心の声です。笑


おい!兄ちゃ~~~ん。

(ん?そろそろ兄ちゃんって歳でもないけどな、、、って話じゃなさそうだ)

俺の前を挨拶無しですまして走ってんじゃね~~~よ。

(ん?どういうこと??挨拶???ってか、あんた誰????)

横すり抜けて行っただろ~~~
俺が止まってんだからさ~~、抜けるときはちゃんと確認して挨拶しろよ~~~

(???あ、路肩に止まっていた車か~~。勝手に止まっていたんだから、そこすり抜けるの当たり前だよな~。)

分かってんのか?おい!!

(何も分からないです!!はい。)

おい!何とか言えよー!!

(ん~~~。マジで何も言えね~~~笑。ん~、この相手は正論とか理屈とかが通じる相手で無い事は間違いなさそうだ。言い返せば、それは全てトラブルに繋がること間違いなし。というわけで、全く意味は分からないけど謝ろう!)

(全力で)「どうもすみませんでした!×3」

お、おう。兄ちゃん、わかりゃいんだけどよ~~~。
これからは気をつけろや~~~。

「あ、はい!」

おう、じゃあな~~。


ということがあったのですが、最近、こういう人、本当に多いです。
ただ、ここまで意味不明だと怖いとかそういうのを通り越して滑稽で面白かったです。
きっと、こっちが謝れば気を良くして帰っていくぞ~ってところまで見え見えだったので、
その通りになったときは、むしろ快感でした。

にしても、自分が乗っている古くて可愛い車にイライラするって荒んでるよな~。
ちょっと音はうるさくて生意気な感じがするかもだけど。

  1. 2013/08/21(水) 22:54:32|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まだ続く?厄災ループ

あのサイクリングの次の日の朝、自転車を見ると何だか様子が変、、、

パンクしているじゃん!!

なんで~???

一応帰ってくるまでは空気が入っていたのでスローパンクか?

まあ、タイヤもチューブも賞味期限切れなんで諦めもつくのだが、出費予定が次々出てくるのがショック。

サングラスと、タイヤも前後替えることになるからな~。

サングラスは何にしよう?

タイヤは何にしよう?

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/08/19(月) 23:23:02|
  2. 自転車あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日の限界サイクリングを振り返る

昨日はどうなるとかと思うほど消耗し切りましたが、
朝起きてみると意外にも身体の疲労は8割がた取れていました。
リアルタイムで感じていた疲労は過去最高のものだったのですが、それ程引きずらずに済んだのは
不幸中の幸い?ってやつなんでしょうか、、、?

距離は88.3kmとそれ程の長距離ではない。
平均時速は走行時のみのもので20.4km/hで、恐らく過去最低、、、。
休憩回数は5回で、コンビニ4回に、喫茶店で1回。
とスポーツというか優雅なサイクリングにしか見えないのだが、、、
これが結果的には良かったと思っている。

というのも、格好付けて走り続けていたらやはり熱中症のような状態になった可能性は高いからだ。
コンビニでスポーツドリンクと麦茶を交互に飲んで、パワーが出なくなったときには栄養ドリンクも飲んだ。
身体が消耗して食欲も無くなってしまい、食事といっても惣菜パンを一個やっと食べたに過ぎなかったので、これではカロリーが足りないと思い、ゼリータイプの補助食を摂った。

35℃を超えるような過酷な環境でのサイクリングははっきり言ってかなりリスクがあるので、かっこ悪くても自分の体のことを最優先で守らなければならないので、そのための手段を尽くすべきなのである。

あと、疲労の蓄積はあまり気がつかないような些細なことの連続が大きな要因になりうるということだ。
今回であれば、サングラス。
自分の顔にサイズが合ったオークリーのようなスポーツサングラスであれば走りながらずり落ちてくるようなことは少ないが、今回使用したメガネ形状のサングラスはやはりフィット感がいまいちなので常に落ちてくるメガネを上げる作業を繰り返していたのであるが、これが知らず知らずのうちにかなり疲れを増やしていた気がしてならない。
また、しょっていたバックパック。
これも今までは肩と腰のストラップがしっかり出来ていたものを使用していたのだが、今回はそれ程距離を乗る気が無かったので、軽さ重視で作りがシンプルなものを使用したため、サングラス同様常にずり下がってくるのを直す作業を繰り返していたのである。

当たり前のことだが、決して高いものを使う必要は無いが、状況に応じたアイテムを適切に使うことは歳を重ねつつあるサイクリストには重要なことかと思ってしまった。

若い時はどんな自転車でもどんな荷物をしょっていても走れていた気がするんだけどな~~~~(涙)

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/08/18(日) 23:27:59|
  2. 自転車あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりの自転車で厄災無限ループ

お久しぶりです。
ずいぶん自転車に乗っていなかったのですが、今日は朝方何だか涼しかったので
自転車で横浜へ行くことを決意。

タイヤに空気を入れて、各部にガタが無いか確認。
久しぶりということで格好もしっかり上下ジャージで決めて気合も十分(笑)

ここまでは良かったのです、、、。

が、、、

サングラスを掛けようとしたらツルのゴムの部分が加水分解を始めててベタベタ、、、。
これは嫌だなという事で普段掛けている度付きサングラスで代用することに。
何だか幸先悪いな~なんて思ったのですが、
とりあえず出発。

家から初めての信号で左に行けばストレートでみなとみらいまで15kmほど。
右に行くと境川を抜けて江ノ島、逗子の恒例のコース。
涼しかったから、つい右へ行ったのが悲劇の始まりだったのだ、、、(大袈裟)

境川のコースを走っていたらいきなりの向かい風。
藤沢に着く頃には気温もグングン上昇。

何か身体が変だな~と思ったらロードバイクの前傾姿勢自体が久しぶりだから首の後ろが痛い。
更には情けないことに腕までだるくなってくる始末。
まだ20kmしか走っていないのに不安になる。
横浜まではまだ40km以上ある。

何とか海沿いの道に出て由比ガ浜へ。
頭の軽そうな半裸の男女の集団を尻目に一人で黙々と走る。
正直切ない、、、。
何が楽しくてこんな苦しいことをしているのか。

逗子駅前のすさまじい渋滞を抜けて、ゆるい登りのきつい道を進む。
ここまでですでにコンビニに三回寄っている。
コンビニが無かったらとっくにリタイアだっただろう。

辛過ぎるので自転車仲間のTi氏と女友達、男友達にメールして励ましてもらおうと思ったら
そんな今日に限って誰からも返事が無い、、、(涙)
むしろ、返事が無いことに凹んでしまった、、、。
ん~、とにかくうまくいかない。

ただこの頃に一つの事実に気づく。
というのは、これ程スローペースで走っているのにまだ一度も自転車に抜かれていないのだ。
そもそもあまり走っていなかったのか?
とも思ったが、対向車線を見る限り軽やかに走っているサイクリストを見掛けているのだ。
やはりみんなも力尽き気味なのか???

この頃にはお尻が痛くて座っていられない。
昔はパッド無しで軽く100km走れるのが自慢だったのに。
足もほとんど止まっていたが、お尻をかばうために立ち漕ぎをしてみると意外にも楽に走れる。
シッティングとスタンディングでは使う筋肉が違うのでまだ立ち漕ぎの筋肉に余力があったのか?
はっきり言うと立ち漕ぎは苦手で峠も全部座りっぱなしだったのに、、、。

もうほとんど力尽きる直前に横浜に到着。
いつもの喫茶店で一時間半ぼ~~~~っとして、やっと回復した気に。

時間は三時。暑い盛りだが、体力も回復した(気がする)し、たったあと15kmだからと出発。

これもまた完全な判断ミス。
熱し続けられたアスファルトはもう例えようも無く熱くなっており、さらに直射日光が上から攻めてくる。
そしてとなりをエアコンでいつもより熱くなっている車が通る。
まさに逃げ場が無い道をただただ進む。
しかも帰りは軽い登りがずっと続く。
この暑さのせいか?おじいちゃんの車が宅急便の車に突っ込んでいるのを見ながら
無い気を引き締め、家への最後の登り。
スピードが出ず、時速8kmほどまで落ち込み、もうちょっとで止まりそうだったが、さらに
速度を緩めることで何とか下りずに坂を登り切り、到着。

はっきり言うと

自転車人生でもっとも限界を感じた一日だったのでした、、、。

文にするとただのしょぼしょぼ自転車日記だけど(涙)


テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/08/17(土) 19:14:41|
  2. 自転車あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。