無意味なる意味ロンリィ

ただちょっとかまってほしいだけなのです、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

またまた突然ですが・・・休止のお知らせ

ここのところほとんど走れず、その反動で機材ネタに走っていた今日この頃であるが・・・

ジャイアントの軽量化も取り敢えずは落ち着いたので?

またお休みさせていただきます。

大掛かりなツーリングに行ったり、パーツなどにおける有意義な発見があった場合はまれに更新するかもしれませんが、それ以外は殆どいじる予定はありません。

そうは言っても前回のように突然元気に再開するかもしれません。

というわけでたま~にはこの気まぐれ自転車ブログを覗いてやってください。

ではまた~!
スポンサーサイト

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/03/31(土) 22:21:17|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

GIANT TCR C1・・・軽量化への果て無き?道⑪

というわけで予告通り?バーテープを換えてみた。

今まで使っていたのはバイクリボンのカーボン柄。
重さは思ったよりは軽くて70g

今回はチネリのコルクバーテープ。
短めに巻いて使ったバーテープの重さは30g
(ちょっと変な巻き方になってしまったけど・・・)

今回は-40g

総重量は6435-40=6395g

一応6.3kg台に突入です(笑)

これまでのデータは完成車重量は7300gとした計算になっているが、
実測値はどうなのか?
と思っている方も多いと思うので載せておく。
(写真は無いけど)

この軽量化の記事⑨の時点で自転車屋さんでTOPEAKの重量計で測った値が6745gでした。
これはメーターセットとテールランプ付きのだから
メーターセットが75g
テールランプが15g
なので
実測は6655g
よってより細かい重量は

6655-330-40=6285g

と6.2kg台に入っているはずだが、こんな素っ裸の状態では乗らないからな~。
う~やっぱりいずれは乗って怖くない5kg台自転車を完成させたいものだ(汗)

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/03/28(水) 22:07:02|
  2. GIANT TCR C1 軽量化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自転車軽量化の病的心理?

いわゆる自転車の軽量化だが
ハマっている人のことを真剣に疑問視してる人もいると思う

でも何でも理由はあるわけです

というのは

自転車を軽くしていくと微々たる重さもその手で実感するようになってしまう

ということだ。

当たり前のことだが
12kgに置ける100gと6kgに置ける100gではまさにその重みが違うわけだ。

前者ではまるで感じ無くても後者ではかなりハッキリ実感する。

この実感こそが
軽量化加速の理由
といえるだろう。

軽くなったときのその実感はまさに麻薬のような喜びを感じさせる。

まあ、虚しい気持ちも麻薬そのものかも知れないが(*_*)

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/03/27(火) 23:00:49|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あとはどこを軽くする?(妄想)

もうええんちゃう~
って声も聞こえてきそうだが・・・。

ま、実際にもうだいぶ気は済んでいるのだが、メモ代わりに。

・バーテープ
今使っているのはバイクリボン。
これは重い。おそらくペアで100g近いと思われる。
これを少なくとも40g前後のものにしたい。
候補としてはチネリのコルクタイプ。
またはFSAから出している超軽量のもの。
重量的には大差は無いだろうが。

・BB
今使っているFSAのBBは無駄に重い。140gもある。
これをデュラ(100g)に換えれば40g軽くなる。
自分としてはTOKENのBBに注目している。
確か90gとかいうのもあったはず。
値段も安いし色がかっこいい。

・ギア板
クランクそのものを換えれば?
と思う人も多いと思うが、FSA SL-Kカーボンクランクはその剛性感が非常に気に入っている。ここがフラフラだと明らかに性能が落ちるのでリスクを犯したくないのが本音。
というわけでギア板を換えたい。
カーボン製とかに手を出したいような気もするが、やはり実用的とは言いがたい。
というわけで注目しているのはFRMのギア板かSTRONG LIGHTのCT2辺り。
ここら辺はアウター+インナーで110gくらいと思われるので現在の140~150gからは若干軽く出来る。

・チェーン
芸が無いが・・・ここは普通にKMCのチェーンを使いたい。

これで200g弱の軽量化が出来るが、まだまだ5kg台は見えてこないね。

これ以上軽くするにはクランクやらハンドルやらステムやらピラーやらお金がかかる部分になるんで当分実行はありえないであろう。

コストパフォーマンスに優れる軽量化があったらまたご意見お聞かせください。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/03/25(日) 09:30:44|
  2. GIANT TCR C1 軽量化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

GIANT TCR C1・・・軽量化への果て無き?道⑩

今回はもちろんホイール編。
さあ、どれだけ減ったのだろうか。

・ホイール
WH-7800デュラエースホイールからNRS手組みホイールへ。

1600g→1330g・・・-270g

・タイヤ
ビットリアのウルトラスピード(チューブはビットリアのEVO55)からTUFO S3LITE 195gへ。

(165+65)X2=460g→200X2=400g・・・-60g

というわけで、今回は-330g

総重量は6765g-330g=6435g

とりあえず当初の目的だった6.5kg切りは達成です。

まだ実用範囲内での軽量化の余地は実はまだまだありますが取り敢えずここら辺で落ち着きたいと・・・。

後はのんびりと5kg台目指していこうかと思っています(って思っているんか!?)

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/03/23(金) 23:24:55|
  2. GIANT TCR C1 軽量化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

で、出来たホイールは?

リムは
ARAYA ADX-1S 380g
スポークは
SAPIM CX-RAY 290g?
ハブは
AMERICAN CLASSIC
F58g,R205g

という構成に。
本当はクロノF20で組みたかったのだが(何と言っても軽いし、安いから)偶然にも自分が組んで欲しかったようなホイールを完組みとして売っているコアなHPを発見。

リムは絶版のアラヤの名作リムADX-1Sを使用しているとのこと。

このリムはカーボンリムの軽量ホイールが浸透していなかった頃の定番であり、今となってはレアな存在である。
私はこういったものには本当に弱いのだ。
こういうときばかりはスペックよりもその存在感を重視する(笑)

というわけでこのホイールになったのでした。

人が言うほどアメクラはダメなのか・・・
しっかり味わわせていただきます。

F:595g
dscn0149.jpg

R:738g
DSCN0150.jpg


前後で1333gとそこそこ軽量。

今でこそZIPPなどがプロが使っても平気な1100g台ホイールを出しているから感動的な数字ではないが、自分のような素人が乗るには十分過ぎるスペックだ。

これを組んでくれたNRSには感謝感謝です。
手組みは同じパーツを使っても組み手によって大きな差が出てしまいますからね。
そういう点このホイールはワールドカップのサポートまで経験されている方に組んでもらったので信頼性も抜群です。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/03/22(木) 21:30:16|
  2. 買ってもうた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

構成の見直し

今こうしてみるとこのブログは本当に余計な情報もたくさんですね。

時間が経ってみてみるとひどい。

そんなことどうでもいいから~

って言いたくなるようなことをつらつらと書いている。

もともと自転車に乗っていて気づいたことをメモ代わりに書いていこうという趣旨だったのがだいぶずれてきている。

ちょっと面倒だが近いうちに整理するつもりである。
  1. 2007/03/21(水) 23:25:08|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最安値更新



自転車パーツ購入史上最安でした。

新品なのに実質270円・・・。

重量はありますが(300gくらい)街乗り車につける予定なんで(ってもうついてるが・・・)問題なし。

一応セルコフだからメイドインイタリ~だそうです(笑)

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/03/21(水) 21:39:33|
  2. 買ってもうた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

で、結局何のホイールがいいのよ!?(完組み編)

完組みではね・・・

ZIPP303

これしかないでしょ。

レーシング機材としてのバランスは最高。
リムは超軽量のカーボンリムを使っているので耐久性は低い。
よってバランスの問題としてハブを耐久性の高いデュラのハブのようなものを使う必要も無いのでやはり超軽量のハブを使用。

よって長期間使用することは出来なくてもツール・ド・フランスなどでも使用できる剛性と耐久性はあることは証明されている。
それでいて1150g程度の重量はすごい。

手組みでZIPPのカーボンリムにデュラハブを使用しているものなどあるけどそれらはいいようでバランスの悪いホイールだそうだ。
ハブは全然寿命が来ていないのにリムは逝く・・・
そういった状況が余裕で想定できるのになぜそんな組み合わせでわざわざ手組みホイールを作る必要があるのか。
どういった分野でも必要なのはバランス感覚なのかもしれない。

他に、
こいつもいいだろ~
ってものがあったらご意見お聞かせください!

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/03/20(火) 18:49:29|
  2. パーツまにあっく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シマニョーロってどうなの?

軽量化のところで気づいた方もいると思いますが・・・

そうです、私のTCRコンポジはシマニョーロです。

初めはすったもんだありましたが・・・。
シフトメイトを用いて2ヶ月使用しての感想は

いいです。

問題ないです。

エルゴパワーは07ケンタウル
Fディレ、Rディレ共に78デュラエースですがどちらもしっかり変速します。

フロントは力を込めてしっかりレバー操作をすればきっちり変速します、リアは調整次第ではレコード張りに変速します。
(自分はレコードの変速性能を知りませんが、自転車屋の方の発言では・・・)
ちなみにシマノ純正時代からの比較だとカッチリ感はやはり落ちましたが、ファジー(表現古いな~)でいて意外にしっかり変速するんで、性能のがた下がりを覚悟していた自分としては本当に満足な仕上がりです。
自分と同じ組み合わせで試してみたい方。
お勧めです。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/03/17(土) 21:40:23|
  2. パーツまにあっく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そういえば

ブログのランキングの参加やめました。
一日に1102アクセスあった日のランキングは99位(笑)
93アクセスの日は74位?(位だった気がする)
カウントのシステムに疑問が・・・。

なんとなく来てみたら結構面白い・・・そんな自転車ブログでいたい今日この頃なのです。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/03/15(木) 21:20:23|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

正統派軽量バイク(Timeはやはりかっこいい)

DSCF0016.jpg

同じ軽量バイクでもこういう軽量バイクは
お金かかりすぎ!
使ってみたいパーツのオンパレード。
重量は6kgくらいとのこと。
王道軽量パーツで組むとこれ位に落ち着くのかな。
LightWeightのホイールなんて憧れだけど、実はこいつより軽いホイールが今では普通に存在するのがちょっと時の流れを感じてしまう瞬間。

話は変わるけど、タイムってなんか嫌味じゃないんだよね。
某○ルナゴとかピ○レロとかに比べると
媚びていない感じ。
すがすがしく高性能を主張しているような気がするのだ。

が、本当にタイムの性能って値段相応なのか?
作りもラグだったりしてなんか先進な感じがしない。
むしろクラシカルな良ささえある。

実際どうなのか。
知り合いがVXRSに乗っているが、かっこいいことはどうしたって認めちゃう。
乗り心地はパーツによって変わるから一概には言えないけど、TCRコンポジよりもやわらかい印象だったが、真相は??

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/03/15(木) 21:15:41|
  2. 軽量(計量?)ぱらだいす
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GIANT TCR C1・・・軽量化への果て無き?道⑨

先日紹介したエルゴパワー

私にとってはカンパに憧れがとか・・・

やっぱりシフターはカンパが・・・

とか

そんな理由でエルゴにしたのではないのです。

当然

軽量化のため!(苦笑)

かなり大きな重量減となった。

シマノ アルテSTIからカンパ Centaurエルゴパワーで

490g→335g・・・-155g

ね、でかいでしょ。
シマノのSTIは確かに重すぎ。

今回は-155g

と思ったけど
一つ忘れた
カンパ化するに当たって使用したシフトメイト
これが12gだから+10gとして

今回は-145g

累積で-535g

よって総重量は7300g-535g=6765g

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/03/14(水) 23:18:59|
  2. GIANT TCR C1 軽量化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

取り扱いマジで注意!

いわゆる軽量パーツって体重制限ってありますよね。
これは本気で守ってください。

体重制限は特に書いていなかった

USEのチタンピラー

もともとヤグラ部分の作りが繊細なんですが

こないだ重量級に人に乗られたらそのまま逝きました。

まあ、当然なのかもしれないが・・・

軽量パーツは自分も軽量の人だけにしておく

そんな教訓(笑)
したくないを経験してしまった・・・。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/03/11(日) 21:04:24|
  2. パーツまにあっく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

次期ホイールを真面目に考えるⅢ(訂正版?)

2ちゃんの方から間違いの指摘を受けたので
ホイールの慣性モーメントなどについてもう一度整理しておこう。

慣性モーメントとは

物体の回転のしにくさを表す量

回転運動の変化のしにくさを表す量


であることを考慮すると

慣性モーメントの大きいリム重量の大きいホイールは

加速しにくく、減速しにくい


ということ。

では、やはりリム重量の重いホイールは速度維持が楽でレースなどにおいて有利といえるのだろうか。
まあ、それが否であることは現在の自転車業界を見ていれば分かる。

ただ自転車業界はやはりプロがレースで使用することを考えて進化している。プロのような出力を持つ人間がレースのような状況において最高のパフォーマンスを発揮するのが自転車レース機材なのである。

では見方を変えて素人の使用する自転車機材を考えてみよう。
そうすると重いホイールが良いというのは一理あるのかもしれない。

素人が平地をゆっくりと定速で走るには重いホイールは良いのかもしれない。
ペダリングを緩めても自転車の速度が急激に落ちることが無く、一定の速度で気持ちよく走ることが出来るからだ。

だからレースなどには出ず、山などを登らない愛好家の方は積極的に重いホイールを使ってもいいのかも。
(それでも軽いホイールを知ってしまったら出だしの重さには驚くようになるだろうけど)
ただ重いホイールは軽いホイールより優れているとかは言わないように。それは自分が激しくポタリングーレーサー?であることを無駄に主張することになるからだ(笑)

では軽いホイールはどこがいいのか。

これは2ちゃんの方が仰るとおり
現在の自転車レースにおいては長い距離を走る中で選手同士でのアタックの応酬があり、それに選手はいちいち反応しなければならない。
その反応こそ加速であり、この時点で重いホイールを使用しているとアタックに反応するのが困難になってくるといえる。
また山岳ステージなどでは以前にも述べたとおり重力に逆らって勾配のある坂を上っていくこと自体がその間ず~っと加速していることになり、重いホイール(つまり加速しにくいホイール)ではしんどいのは当然のことである。
では慣性が働かない軽いホイールは走行中の減速により不利なのではと思う方もいるかもしれないが、普通に考えてみればレースにおいてそんな心配は要らない。
アタックをかけないときは集団にいるため選手は漕がずとも進むくらいなのだから(笑)
またペダリングスキルがある選手には外周部の軽いホイールを使うことによる減速の影響もほとんど無いと思われる。

そもそも主な減速の要因は何か。
それはやはり空気抵抗なのだろう。

軽いホイールは減速が早いと体感できるほどの影響はあるのだろうか。
慣性のことを考えるなら一度動き出してしまったら人間の質量の影響の方が軽い自転車、ましてやホイールの影響より大きいのは自明だからだ。

そう考えればやはりレースにおいては軽いホイールは死角無しである。

単独で走る続けるTTはまたちょっと事情が違うのだろうけどそれはまたいずれ勉強したいが、する機会はあるのか? [次期ホイールを真面目に考えるⅢ(訂正版?)]の続きを読む

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/03/10(土) 16:47:44|
  2. パーツまにあっく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駐輪場にて

ここでは乗らないでくださ~い
他の自転車を傷付けると大変なことになるから~

って
確かに乗っちゃったのは申し訳ないけど傷付けたくない気持ちはコチラの方が大きいから大丈夫よ(笑)
  1. 2007/03/10(土) 08:42:31|
  2. 携帯から
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まずは異次元の世界をみておこうとするか・・・(訂正版)

GF7U9525.jpg

ドイツのメーカー、canyonのショーモデルである。
ショーモデルだけあってパーツはほとんどワンオフ物のようだ。
ペダル込みの重量が3.9kg。
フレームの重量はおそらく600g台なのではないだろうか。
これは市販パーツがあまり使用されていないこともあってあまり参考にならないが、頭を真っ白にして軽いバイクを組むことだけ考えればこれくらい軽く出来るということを示している。
一つ断っておくとドロップハンドルでフロント、リアともに変速付きの自転車の研究なのでパーツを省いて軽くしている自転車は研究対象外だ。

またまたコメントいただいたので、訂正させていただく。毎度ありがとうございます。

重量は3.75kg。
またフレーム重量は820g、フォークが260gとのことだ。

フレーム自体は激軽というわけではなさそうだ。
820gというとエミネンザ(もち台湾製ね)でもそれくらいのフレームは出しているし。
パーツは多分日本では手に入らないドイツのシュモルケ(schmolke)だらけ。ここのパーツも鬼軽い。
フロント変速だけデュラってのがかわいいかも(笑)

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/03/09(金) 22:37:10|
  2. 軽量(計量?)ぱらだいす
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

これがあるから・・・

SN380045.jpg

チューブラーなんぞに手を出す気になったのだ。
そうでなければ面倒くさがりの自分が手を出すはずは無かった・・・。
実際にすんごい使いやすいです。
最後にテープをピュルピュル~って出す時なんてちょっと感動したり。

意味が分からない人は是非是非使ってみて。
これはチューブラーの敷居を大きく下げる立役者になる予感です。

両面テープの分際でえらい高いけどね。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/03/09(金) 19:11:14|
  2. 買ってもうた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

某掲示板の威力?

何だか昨日一日のアクセス数が1000を超えてます。
詳細は不明ですが、どうも某有名掲示板に取り上げられたのが原因のようです。
至って真面目に?チマチマやってるブログなのであまり苛めないで下さいね。
ちなみに、真面目にとは言っても記事を書く時間は短い上に実際に完全な素人なんで間違いは沢山あると思います。
間違いを発見なさった場合は指摘して頂けると助かります。

某自転車屋さんのブログで

自転車の世界は狭く業界内でも嘘だらけ

との記述がありましたが、やはりそれは問題があると思っています。
そうした間違いを正すべく、正しい情報を素人の視点から情報操作されやすい素人に向けて分かりやすく発信したいという願いも多少込められたブログ(自分が自転車を始めたときにそういう日本語のソースが少なかった)なので、そういうつもりで参考にして頂ければと思います。

*ちなみに私はライトサイクルに通ったことはありません(笑)

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/03/09(金) 18:50:38|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ずるい・・・(訂正版)

3.jpg

正統派軽量ヲタはこういうバイクに乗ってはいけません(笑)

軽く出来るところは軽くせずしてしちゃいけないところを省いていますね・・・。

しかしクランクが何なのか全然分からん。
一昔前の軽量クランクにも見えるが、スルーアクスル型にも見えるし。
ん~。

ある方からコメントいただきました。
このクランクは

Extralite の E-bones の旧モデル

とのことです。


ここのパーツは全部エライ軽いですね。
欲しくてぞくぞくしちゃいます・・・(爆)

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/03/09(金) 18:29:52|
  2. 軽量(計量?)ぱらだいす
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

魅惑の?軽量タイヤ

SN380044.jpg

軽量タイヤといいながら本当は一本145gのにしたかったのだが・・・

勇気がなくて

195gのに。

ちょっと後悔。

使用感などはまたいずれ。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/03/08(木) 15:32:52|
  2. 買ってもうた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

進む?ピスト離れ

予想通りというか
当然の結果というのが適当か。

周りの人々(自転車的ヲタな)のピスト離れが進んできたように感じている。

最近、特集雑誌が出されたこともあってオークションなどでは固定ギアのフレームが今更人気なようだが・・・。
それってどう考えても遅いぞ。
だってアンテナ張っていた人ならピストなんて三年前くらいから注目していて、もう乗り尽くして飽きた・・・みたいな時期だと思っていたくらいだ。

まあ、日本の公道ではどう考えても使いにくいうえ、危険な乗り物だからね。本当にゆっくりポタるならいいのかも知れないが。

もともとはバンクを走るためのピュアなレーシング機材。

シンプルゆえにファッションの一部となりつつアメリカなどで蔓延。

猿真似日本人がかじるも昇華できずに離れていく。

笑ってしまうのはNYのメッセンジャーの真似して走行中のビデオまで作っている人々。
やりたい気持ちも分かるけど、痛すぎ。

全くもってかっこよくない。

映像も全く刺激が無く、音楽とのマッチングもセンス無し。

我々日本人なんて所詮は日本人。

欧米人にはなれないのだから

日本人らしさを追求しようぜ。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/03/05(月) 09:01:25|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お手軽チューナップ

自転車においてもっともロスが生じる場所(というか要因?)はどこだか知っていますか?

これは思いがけなかったな・・・。
(とは言っても実感していたこともあったのだが)

私の自転車人生間違っていました・・・(涙)

答えは [お手軽チューナップ]の続きを読む

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/03/04(日) 22:04:09|
  2. 自転車あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

次期ホイールを真面目に考えるⅧ(リム編)

で、最後にリム。

実は悲しいことにこれの選択肢は(お金がないと)ほとんどありません。

リム一本に5万近く払う覚悟があるなら
ZIPP
LEWなどのカーボンリムに手を出したいんだが、
これでは予算オーバー。

すると軽量なホイールを組みたいなら
アンブロシオのクロノF20(340g)くらいしかないのだ。

チューブラーを使いたいのでますます軽量リムは無い。

仕方ないね。
時代は完組みホイールの時代だからね。

というわけである意味仕方なく
クロノに決定。 [次期ホイールを真面目に考えるⅧ(リム編)]の続きを読む
  1. 2007/03/03(土) 22:40:42|
  2. パーツまにあっく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

次期ホイールを真面目に考えるⅦ(スポーク編)

ホイールのハブが重要でないならどこが重要なんだ!!

って

まあ、リムが重要なのは話したとおりですが・・・

スポークも大事なんです。

スポークの何が大事か

スポークテンション

スポークの形状、重量などですね。

テンションを上げれば剛性感のある力の伝達率の高いホイールになり
乗り心地は当然硬くなる。

下げれば力は伝わりにくいけど乗り心地は良くなる?
(これは一概に言えない気もするが)

はっきり言えば組んで見なけりゃ乗り心地なんか分かるはずも無く、硬いはずはフレームやフォークや様々な要因から乗り心地が悪くなかったりすることはいくらでもある。

形状については
普通の丸スポークかエアロ形状と二つしかないけど
この差は大きい。
丸スポークの空気抵抗はイメージよりもはるかに大きかったりします。
同じエアロでも厚さがぜんぜん違ったりしますね。

実は形状が飛行機の羽のような形状なら厚さはさほど関係ないのですが、そうでないなら当然薄いほうが良いに決まっています。

が、
薄くて耐久性があるスポークを作るのは難しい。
だから
そういうスポークは高いんですね。

一番有名なのは
SAPIM CX-RAYでしょうか。

これは一本350円以上したりしますが(なぜかブラックだとその二倍くらい高い、ちなみに普通は30~50円くらいか)、手組みで組むならこれと決めていました。
そんな憧れのスポークですね。
重量も64本で280g程度。
普通は350g~450gくらいはあるからかなり軽量といえる。

どこに金かけるのか

という答えがスポークというのも渋くてよし。

というわけでスポークは

SAPIM CX-RAY BLACK(1本あたり700円以上!!)

を採用~。

しかしスポークが一本700円って普通におかしいよね。

例えばキシリウムのジクラルスポークだって一本500円だからね。
しかもスポーク本数少ないし(笑)

手組みでは64本使うからスポークだけで44800円って計算になる(爆)

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/03/02(金) 07:54:35|
  2. パーツまにあっく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

次期ホイールを真面目に考えるⅥ(ハブ編)

まずはハブは何にするか

だが

ワンパターンでデュラとかレコードにする気は毛頭無い。
重量から言っても重いし。
(もちろん比較的軽いに決まっているが軽量パーツとして通用するレベルではない)

それにハブは実は走行性能においてあまり効果が無いということだ。
これには反対される方もたくさんいると思うので言っておくが、あるとしても本当に微々たるものだ。

ではなぜハブでも高い、安いがあるかというと高いパーツはやはりパーツとしての精度、仕上げ、耐久性などが高いわけだ。
でもホイールを空中において空回しして、ハブの回転がいいだとか悪いだとかの議論はほとんど意味をなさない。

その証拠といっては何だが
デュラのハブもデフォルトでは回転は渋い。
カンパの方が若干良いイメージだがさほどの差は無いか・・・。

ちなみに自分の手持ちホイールで一番回転が良いのは今年で11歳になるアルテハブの手組みホイールである。
こいつは一度回したらいつまでも回っているが、走りがWH-7800ホイールに勝るかというと当然、そんなことは無い。

実際には前後それぞれに30kg前後の重さがかかり、更に走行中に路面からの衝撃や重心移動、慣性力など様々力がかかった状態でのハブの回転はとにかく空回しにおいてスムーズに回っていれば大差が無いのだとか。

あれを好き好んでやるのは高級パーツ大好きおじさんだけなのである。
空回しだけを楽しみたいならハブからベアリングを抜いた状態で軸のみを手で持って回せばず~っと回りますよ(笑)走れませんけど・・・。

自分の経験では
デュラハブを使った方の自転車に山の下りでついていけない事があった。
そのときに自分が乗っていたのはデオーレハブのクロスバイク。

これはやはりハブの違いだな

と思ったわけだったのだが、実は違った。

ポジションの違いだったのだ。

ロードの下ハンポジションとクロスバイクのアップライトのポジションでは空気抵抗が圧倒的に違ったわけだ。

その証拠にツーリングの途中でDHバーを買って装着後、下りでのスピードは全く同じになったどころか、こちらの方が速くなってしまったのである。

長くなってしまったが、という理由でハブは高級なものというよりはとにかく軽いものを選びたい。

軽量ハブというと
FRM
American Classic
DT
(Tune)
くらいしか思い当たらないが入手しやすく(今では)信頼性の高いアメクラを選びたい。

フロント58g
リア205g
と超軽量だ。 [次期ホイールを真面目に考えるⅥ(ハブ編)]の続きを読む

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/03/01(木) 18:19:43|
  2. パーツまにあっく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。