無意味なる意味ロンリィ

ただちょっとかまってほしいだけなのです、、、。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

TOKYOBIKE SSはまだ人気?

そういえば放置気味のこのブログなのだが、久しぶりにアクセス解析を見てみたら
毎月の如く、探索ワードの一位は

TOKYOBIKE SS

なんですわ。

やっぱりTOKYOBIKEってスポーツバイクの入門として絶妙な存在なんだと思う。

確かにこれまで色々な自転車に乗ってきたけど、今でも乗っているという意味で

意味ある存在としての自転車

だと実感している。

なので、買って二年が過ぎたところで今一度軽くインプレ。
[TOKYOBIKE SSはまだ人気?]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/10/12(月) 22:23:37|
  2. TOKYOBIKE SS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クロモリは本当にしなやかか?

TOKYOBIKE SSに乗っていて

いつも思うこと・・・

クロモリって本当にしなやかなのか?

ばねっぽいということは以前にも明記したが

乗り心地が良い

とは到底思えない。

乗り心地はすごくスパルタン。

ホイールの剛性も低いし、タイヤも4気圧くらいしか入れていないのにだ。

クロモリって言ってもいろいろあるから一概には言えないが、クロモリなら何でもかんでもしなやかで乗り心地が良いというのは迷信だと思っていい。

これはカーボンにも言えることらしいが。

(ちなみに自分の手持ちの自転車で乗り心地がいいのはやっぱりフルカーボンのTCRコンポジットだ)

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/11/18(日) 22:04:03|
  2. TOKYOBIKE SS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

TOKYOBIKE SS ぷち軽量化Ⅲ

SN380403a.jpg


しょぼいんで、笑ってください。
別に軽量化が目的ではないんですが、

ハンドルカット(6cm)

しました。
(実は9月にですが・・・書くのを忘れていたってだけでして)

-30gくらい?

というわけで

9164g-30g=9134g

実測していないからしてみたいな・・・。

というか
自転車好きの皆様は左の自転車が気になっているでしょうね~(笑)

詳細は許可が取れたらまたいずれ。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/11/06(火) 22:57:02|
  2. TOKYOBIKE SS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TOKYO BIKE SS 追加インプレⅠ

久しぶりの更新。

前回の記事でTOKYOBIKE SSに関してはそれなりにまとめたので
真新しいことは書けないのだが・・・

今回はちょっと弱点?について

やっぱりハブの性能が悪い

ですね。
走っていてこれはつくづく感じます。

空回しではそこそこ回るのでそんなに印象は悪くなかったんですが、
走行性能のもっさり感がず~っとあって、
これはどこからくる もっさり なんだろうか・・・
と思っていたのだが、フレームはクロモリで剛性もそれなりに高いし、やっぱりホイールしか考えられない。

スポークテンションの低さ

も気になる部分だが、これは加速性能には影響を与えても慣性にはそこまで関係しない部分なはずである。

ということはやっぱりハブの走行中の回転性能が悪いのであろう。
回転性能と言うよりは剛性かも知れない。
走行中にハブの軸やボディがぶれればそのまま抵抗に繋がるからだ。
空回しではハブの性能は測れない良い例である。

ま、あくまでママチャリと言う認識では問題は無いのだが、
いずれホイールも手組みで組んでもらうことになるかな・・・(汗)

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/11/06(火) 22:29:49|
  2. TOKYOBIKE SS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TOKYOBIKE SSってどんな感じ?

↓飛鳥Ⅱと2ショット。
SN380310a.jpg


ママチャリ代わりにTOKYOBIKEを使うようになって、やっぱり生活に楽しみが増えた~というのは大袈裟かもしれないけど、結構ホントな話。

で、TOKYOBIKEのどんなところが○でどんなところが×なのか。

まず、みんなが気にしている?(笑)

・クロモリフレームについて

ん~結構硬い!
ホイール自体がゆるく組まれていることを考えると尚更そう思える。
硬いと言ってもアルミの余裕の無い硬さとは違うのだが、カーボンと比較してしまうと明らかに硬い。
フロントフォークからの衝撃も結構あるし、バックからの衝撃もそこそこある。
しかし、この衝撃が体に響くものではなくて、角が取れたようなばね的な衝撃。
というより(あくまでTOKYOBIKEの)クロモリフレームと言うのを一言で言ってしまえば、ばねっぽいということ。
衝撃もびよ~んという形容がふさわしい感じだし。
トルクをかけてもよれるような感覚は無い。
剛性は高いのだと思う。
ま、フレーム自体を見てもアルミ以下、クロモリレーサー以上のパイプの太さがあるしね。

・構成パーツについて

ハンドル、ステム、ヘッドパーツ、ブレーキレバー、キャリパー、クランク、チェーン、ペダル、ホイール、タイヤ
どれを見ても4万という値段を考えればいいものが付いていると思う。
いいものっていうのは分かっている人が選んでいるということ。
掛けられるコストの中で最良の判断によってパーツが組まれていると言えるだろう。
特に不満は無い。

↓街に似合う自転車であることは間違いない。
SN380312a.jpg


で、ぶっちゃけ・・・

・走行性能はどうなのか?

ここで、最悪!って書く文脈でないことは皆さんお分かりだと思うけど。それなりってことにしておく。

それは一応カーボンからアルミ、クロモリ、全ての自転車を所有している自分としてはこのバイクがトップレベルにいい!ってことは有り得ないから。ただ狙い通りであったという意味では大正解だった。

では具体的に・・・

踏み出しは思った以上に重い。
この感覚は一番初めにちょっとショックであった。
こんなもんか~って。
でも踏み出して20km/hくらい出てしまえば、そこからいわゆるママチャリとは違うスポーツサイクルならではの軽快な走りが現れる。
シングルなのでスピードが上がろうが下がろうがギアを換えることなくシンプルに走るだけ。30km/hくらいで巡航することも可能な感じだ。
平地は思ったより速く走ることが出来る。
ちょっと問題なのは坂。
踏み出しの重さはそのまま坂の上りのきつさにつながる。
ギア比が1:3くらいなのでもちろん急坂向けではないのだが、街に普通にある坂の上りが一番辛く感じだ。
つまり低速での坂が苦手なのだ。
平地でも一度スピードに乗れば楽に速度を保てたのだが、それが坂にも言える。
ある程度のスピードで坂に進入して、そのまま坂を上りきれば明らかに楽なのだが、その逆は×
長めの坂が多いところに住んでいる方は素直にギア付を買ったほうが良いかもしれない。

・その他の性能?

ブレーキの効きは・・・
いいです。
いきなり余っているカンパのケンタウルに換える予定だったのだが、あまりに問題なく効くのでそのまま使っている。
テクトロもセッティング次第か?
ま、ゴムがどれだけもつかは怪しいが。

・総評

自分としては乗って楽しいママチャリが欲しい!
ってことで買ったのだが、その狙いはドンピシャだった。
ママチャリと考えればメチャクチャ軽いし、速い。
そして走り自体がスポーティで楽しい。
見た目のシンプルさも街乗りにぴったりで気分もいい。

でも、はじめてスポーツサイクルを買う場合はシングルは避けた方がいいのかも。
走行性能の適応性の低さからこんなもんか~で終わってしまう恐れがある。
それに対してギア付を買っておけば、このTOKYOBIKEってやつは素性のいいバイクだから最高の教科書的存在の自転車になってくれると思う。
男ならこの自転車で楽しさを覚えたら、この自転車で終わることは無いであろうし(苦笑)、女性ならちょっとチューンしてお洒落にして乗り続けるかもしれない。
自分みたいに自転車をたくさん持っている方でも、この自転車には大きな存在感を感じることが出来るだろう。

と、長くなったが・・・以上。

また何か気づくことがあったら書き加えていく。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/09/28(金) 22:33:33|
  2. TOKYOBIKE SS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

TOKYOBIKE SS 早速ぷち軽量化Ⅱ

↓必要の無いものは取り除くのが基本(笑)
wei3.jpg

28gって結構な軽量化です。

↓デフォルトのペダル。
wei4.jpg

思ったより軽い。322gならXTRのペダルより軽いし(笑)

↓平踏みペダルで安くて軽いといえばこれ!
wei5.jpg

タイオガのロード用ペダル・・・実測204gとリアルに軽い。

というわけで今回は

28g+(322g-204g)=146gの軽量化

でトータルでは

9310g-146g=9164g

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/09/27(木) 22:19:09|
  2. TOKYOBIKE SS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TOKYOBIKE SS 早速ぷち軽量化Ⅰ

まずはサドル。
オリジナルサドルとやらはぼってりしたデザイン。
色合わせ的には素敵だと思う。
で、重さは↓
wei1.jpg

352gね。
軽い方とは言わないけど、ママチャリとかに付いているのよりはマシ。

で、買ってきたのはVELO製の革サドル。
ルックではなくて一応表面に貼られているのは本物の革なんでいい雰囲気です。
しかも重さは↓
wei2.jpg

262g!
カタログ値が258gだからお見事。
こういった軽量コンセプトでないサドルにしてはかなり軽い方だと思う。使う前からお気に入り。

で、今回は-90g

完成車重量が9400gとのことだから・・・(あんまり当てにならんけど)
9400g-90g=9310g

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/09/25(火) 22:30:55|
  2. TOKYOBIKE SS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。